ハイドロキノンでシミケアに成功した管理人が、おすすめのハイドロキノンや使い方のコツなどについて解説。

日中ハイドロキノンを塗っていなくても日焼け止めを塗らなくてはならない理由について - [ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適]

日中ハイドロキノンを塗っていなくても日焼け止めを塗らなくてはならない理由について

別記事(ハイドロキノンに紫外線は厳禁 冬でも徹底的に注意する)で、ハイドロキノンを利用している間は、紫外線を浴びてはならないと書きました。

ハイドロキノンを使用している方の中には、紫外線対策を行わなくてはならないのはハイドロキノンを塗っている時のみで、塗っていない時は少々紫外線を浴びても大丈夫・・・なんて思われている方もおられるかもしれません。

しかしそれは間違いで、たとえ日中にハイドロキノンを使用していなくても、ハイドロキノンを利用している期間中は、できるだけ紫外線を浴びないようにする必要があります。



ハイドロキノンを塗っているときに紫外線を浴びてはいけないのは、肌の上のハイドロキノンが紫外線によって変質してしまう可能性があるからです。変質してしまったハイドロキノンにより、さらにシミが増える恐れがあります。

また、日中にハイドロキノンを使用していなくても紫外線を浴びてはいけない…という理由は、ハイドロキノンを使用すると肌が紫外線に弱くなってしまうからです。




ハイドロキノンを使うと肌が紫外線に弱くなる・・どういうこと?



ハイドロキノンには、肌の色素細胞メラノサイトからメラニンが生成されるのを抑えることで、シミが濃くなったり新たにシミができるのを防ぐ作用があります。

加えて、既に存在しているメラニン色素を無色のメラニンへと還元する作用もあります。

ハイドロキノンによるシミケアは、新たにシミができるのを防ぎながら既にあるメラニンを無色のメラニンに還元し、さらに肌の新陳代謝によってメラニンを少しづつ外部へ排出していくことで、シミを薄くしていくという仕組みです。

薄いシミはメラニンの量が少ないため、比較的早く結果が出やすいですが、シミが濃くまた肌の深い部分にある場合は、メラニンを排出するまでに長い時間がかかります。




ハイドロキノンを使うと肌が紫外線に弱くなる理由は、ハイドロキノンの働きによってメラニンの生成が抑えられるからです。

悪者にされがちなメラニンですが、実は自らが紫外線を引き受けることで、肌を紫外線から守るといった具合に、体にとって大切な役割を担っています。

紫外線を浴びて肌が黒くなるのは、一種の防御作用なのです。

しかし、ハイドロキノンを利用することでその防御作用を弱めてしまった肌は、普段よりも紫外線の影響を受けやすくなっています。

そんな状態で強い紫外線を浴びてしまうと、これまではメラニンが代わりに受けてくれていた紫外線の害を、肌が直接受けることになってしまうんですね。




もともと肌色が薄い白色人種は、皮膚ガンになりやすいと言われますよね?それは、白色人種は肌を守るためのメラニン生成の働きが生まれつき強くないからです。

ハイドロキノンを利用すると、同じようにメラニン生成の働きを弱めてしまうため、将来皮膚がんになる恐れも高まりますし、肌がダメージを受けることによって、将来的にシワができやすくなる可能性もあります。

すぐに影響を受けてしまうというわけではありませんが、ハイドロキノンを使用している期間は、ハイドロキノンを塗っていても塗っていなくても紫外線対策を徹底するようにしましょう。




私のおすすめハイドロキノン!皮膚の専門家監修「ブライトニングクリスタル」

ハイドロキノンは劣化しやすく扱いにくいのが難点。
また、ハイドロキノン単体の利用だと浸透しづらく、いまいち効果が出にくいのが難点なんですよね。

しかし以下の製品は、ハイドロキノンに加えて角質に働きかける「サリチル酸(ピーリングなどに使われる成分です)」や「ビタミンA誘導体」、抗酸化作用を持つ「ビタミンC誘導体」を配合。

ハイドロキノンとの相性が良い成分を複数あわせることで、肌のお悩みポイントを集中的にケアします。

さまざまな女性誌でよく紹介されているせいか、とても人気が高く、完売してしまってしばらく入手できなかったこともあるくらいなんです。


ブライトニングクリスタル

ハイドロキノン濃度は5%。
化粧品に使われることの多い、合成着色料、鉱物油、合成香料は使用していません。

安定性を高めているため、なんと常温(冷暗所)での保存が可能です。旅行などに行くときに、常温保存ができると便利なんですよね。


TOP
Copyright (C) 2017 ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適 All Rights Reserved. (サイト概要