ハイドロキノンでシミケアに成功した管理人が、おすすめのハイドロキノンや使い方のコツなどについて解説。

ハイドロキノンでシミが濃くなった?そう感じても使用をやめないこと - [ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適]

ハイドロキノンでシミが濃くなった?そう感じても使用をやめないこと



ハイドロキノンを使用していて、なんだかシミが濃くなったような…なんてことを感じる方は少なくありません。

私自身も、初めてハイドロキノンを使用した当初、前よりもシミが濃くなったように感じたのですよね。

気のせいかなと思うようにもしましたが、どう見てもシミが濃くなっています。
シミを薄くするためにハイドロキノンを使用しているのに、正直ショックでした。

もしかしてうっかり紫外線を浴びてしまった副作用だろうかとか、もうハイドロキノンを使用するのはやめたほうがよいのだろうかなどと色々考えました。



ハイドロキノンでシミが濃くなるのは、実は想定内の反応

ハイドロキノンを使ったら、余計にシミが濃くなってしまった。

もう、止めた方がよいのかもしれない。
でも、使い続けていれば効いてくるのかもしれない…。

ものすごく迷いますよね。



結論からお話しすると、ハイドロキノンでシミが濃くなるのは正常な反応です。

シミがちょっと濃くなったかなと感じても、特に肌の異常などがない場合はハイドロキノンを使用するのをやめないでください。

ハイドロキノンを使用してシミが一時的に濃くなるのは、肌の奥のほうにあったメラニン色素が表面に浮いてきたから。

ハイドロキノンを使用したシミケアは、肌にあるメラニンを排出することによってシミを薄くしていきますから、表面に出てきたメラニンによって一時的にシミが濃く見えてしまうというのは避けられません。

シミが濃くなってしまったから…といった理由でハイドロキノンの使うのをやめてしまうと、そのまま濃いシミが表面に残ってしまう可能性があります。




ハイドロキノンの副作用で肌が色素沈着を起こしたり、新たにシミができてしまったなどというのならばともかく、特に肌の異常などがない場合は、そのままハイドロキノンを使い続けてください。

一時的にシミが濃くなってしまった状態がしばらく続きますが、いずれは新陳代謝によってメラニンが排出され、薄くなっていきます。




私のおすすめハイドロキノン!皮膚の専門家監修「ブライトニングクリスタル」

ハイドロキノンは劣化しやすく扱いにくいのが難点。
また、ハイドロキノン単体の利用だと浸透しづらく、いまいち効果が出にくいのが難点なんですよね。

しかし以下の製品は、ハイドロキノンに加えて角質に働きかける「サリチル酸(ピーリングなどに使われる成分です)」や「ビタミンA誘導体」、抗酸化作用を持つ「ビタミンC誘導体」を配合。

ハイドロキノンとの相性が良い成分を複数あわせることで、肌のお悩みポイントを集中的にケアします。

さまざまな女性誌でよく紹介されているせいか、とても人気が高く、完売してしまってしばらく入手できなかったこともあるくらいなんです。


ブライトニングクリスタル

ハイドロキノン濃度は5%。
化粧品に使われることの多い、合成着色料、鉱物油、合成香料は使用していません。

安定性を高めているため、なんと常温(冷暗所)での保存が可能です。旅行などに行くときに、常温保存ができると便利なんですよね。


TOP
Copyright (C) 2017 ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適 All Rights Reserved. (サイト概要