ハイドロキノンでシミケアに成功した管理人が、おすすめのハイドロキノンや使い方のコツなどについて解説。

ハイドロキノンっていつ止めればいいの?やめたら戻りそうで怖い - [ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適]

ハイドロキノンっていつ止めればいいの?やめたら戻りそうで怖い



ハイドロキノンを使っているけど、そろそろやめたい。
でも止め時がわからない。

そんな方少なくないと思います。
やめた途端シミが増えそうで、やめるにやめられないなんて方もおられるのではないでしょうか。




通常ハイドロキノンは、3ヶ月使ったら1ヶ月はお休みしなくてはならないと言われています。

3ヶ月以上使い続けることで、すぐに肌に異変が起こるわけではありませんが、ハイドロキノンを長期間利用すると副作用が起こるリスクが高くなるため、一旦肌を休ませる必要があるのです。

でも、やめて本当に大丈夫なのでしょうか?




ハイドロキノンをやめたら、またシミが戻らない?



ハイドロキノンを使ってからシミが薄くなった気がするけれど、使うのをやめたらすぐに戻ってしまいそうで怖い。

そう考えている方は少なくありません。

ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑える作用が期待できますが、ハイドロキノンの使用をやめれば当然、その作用はなくなります。

紫外線などに無頓着で過ごしたり、肌に刺激を与えるようなスキンケアを行っていれば、メラニンが過剰に生成されて新たにシミができたり、薄くなったシミが濃くなってしまうことは十分に考えられます。

なので、できればハイドロキノンをやめたあとも紫外線には十分に注意し、穏やかな美白成分を配合した化粧品で、ホワイトケアを継続するのが理想だといえるでしょう。



ハイドロキノンをやめた後も紫外線対策は徹底する



ハイドロキノンを利用している間は、紫外線対策を徹底しなければならないといわれています。

では、ハイドロキノンを使うのやめれば紫外線対策は行わなくてはよいのかというと、そんなことはありません。

シミができる大きな原因は紫外線を浴びることなのですから、せっかくハイドロキノンでケアを行ったとしても、また紫外線に注意を払わない生活に戻ってしまったとしたら、新たにシミを作ってしまうことにもなるかもしれません。

ハイドロキノンを利用しているときほど神経質に日焼け止めを塗る必要はありませんが、できるだけ紫外線は浴びないように気を付けましょう。




長くケアしたい場合は、3ヶ月以上使えるハイドロキノン化粧品を利用するのも手

ハイドロキノンを使っては休憩して…を繰り返すのではなく、長いスパンでケアし続けたいという方には、3ヶ月以上使えるハイドロキノン化粧品を利用するのも手です。

ハイドロキノンの利用が3ヶ月までといわれるのは、それだけ刺激が強く副作用が起こる可能性が否めないからです。

刺激の強い化粧品を使い続ければ、肌にも良くありませんし、長く使うことでアレルギーが起こる可能性もないとは言えません。

でも、止めるとリバウンドしそうで怖い。
また、休むことなく効率よくケアしたい。




そんなことをお考えの方におすすめなのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。



ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンの配合が1.9%と非常に低濃度であるのが特徴。

1.9%だと効果が低そうに思えてしまいますが、独自のテクノロジーによって浸透性を高めているため、低濃度でもメラニンへの作用が期待できるのです。

それなりの効果が期待できそうなのにもかかわらず、濃度が低くハイドロキノンならではのリスクが抑えられているため、3ヶ月以上使い続けることができます。



もちろん、ハイドロキノンですから全く刺激がないわけではありません。(といっても、私はQuSomeホワイトクリーム1.9で刺激を感じたことがないのですが)

いくら低濃度でも、肌が敏感になっているときにはお休みする必要はありますが、続けて利用できるというのはシミケアを行っている方には心強いのではないでしょうか。

ハイドロキノンの止め時がなかなかつかめない方や、途中でハイドロキノンを中断するのが怖いなんて方には、使いやすい化粧品だと思います。

トライアルセットが用意されているところも、初めての方には便利です。





TOP
Copyright (C) 2017 ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適 All Rights Reserved. (サイト概要