ハイドロキノンでシミケアに成功した管理人が、おすすめのハイドロキノンや使い方のコツなどについて解説。

ハイドロキノンの代わりに使えるおすすめの成分は? - [ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適]

ハイドロキノンの代わりに使えるおすすめの成分は?



ハイドロキノンの代用に使える美白成分はないのかな…。
そう考えたことがある人、結構多いのではないでしょうか?

そう考える理由は…

・ハイドロキノンが合わない、使うのが不安
・ハイドロキノンを休憩している間も、ホワイトケアをしたい


こんなところではないでしょうか。

ハイドロキノンが肌に合わない場合や、ハイドロキノンの使用を休憩している期間中に使えるものがあれば、なんとなく心強い気がしますよね。

しかし、ハイドロキノンと同じような作用を持つ成分なんて、あるのでしょうか?




ハイドロキノンの代用には新型ビタミンC誘導体がおすすめ



ハイドロキノンの作用には、メラニンの生成()抑制や還元作用(黒くなったメラニンを薄くする)があげられます。

※メラニンの生成を促すチロシナーゼ酵素の働きを阻害することで、メラニンの合成を抑制します。

多くの美白成分にはメラニンの生成を抑制する作用はあっても、還元作用はないものがほとんどです。それがゆえに、ハイドロキノンがシミに用いられることが多いのですね。

しかしハイドロキノン以外にも1つだけ、ハイドロキノン程作用は強くありませんが、還元作用を持つ成分が存在します。




それはビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体にも、ハイドロキノンと同様にメラニンの生成を抑制したり、還元する作用があります。

ビタミンC誘導体って、結構有名な成分です。
耳にした事がある方も多いのではないでしょうか?

ビタミンC誘導体配合の化粧品なら、使ったことがあるという方もおられるかもしれませんね。




ただ、ここでいうビタミンC誘導体は、昔からあるビタミンC誘導体ではなく、新型ビタミンC誘導体(APPS、もしくはAPISと呼ばれる)という成分になります。

通常のビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性が存在しますが、どちらも一長一短なんですよね。浸透性があまり高くはありませんし、刺激の原因となったり、そもそも肌質によっては効果が出にくい場合もあります。

しかし新型ビタミンC誘導体には、通常のビタミンC誘導体にあったようなデメリットがほとんどありません。

従来のビタミンC誘導体よりも浸透性が高く、また即効性にも期待できるとあって、最近は様々な化粧品に配合されているのを見かけます。

少々安定性に欠ける性質があるものの、市販の化粧品はその点も考慮して作られているため、正しく使えば問題ありません。

難点は、通常のビタミンC誘導体に比べると価格が高いことですが、最近はお手頃な製品も増えており、長く続けやすくなっています。




もし今、ハイドロキノンの代用として使える化粧品を探しているのなら、新型ビタミンC誘導体(APPS、APIS)がおすすめだといえるでしょう。

私自身は、ハイドロキノンの代わりに新型ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うこともあれば、ハイドロキノンと組み合わせて使うこともあります。

まったく新しいものではなく、馴染みのある成分というところが良いですよね。




新型ビタミンC誘導体(APPS)を配合した化粧品のおすすめは?

新型ビタミンC誘導体が良さそう。
でも、どの化粧品を選べばよいのかがわからない…なんて方に、おすすめの製品をご紹介します。

以下の化粧水は配合成分の内容が理想的であるだけでなく、鮮度やコスト面などにおいても優れており、おすすめです。



2剤式APPS化粧水 サイクルプラス


使う直前にAPPSパウダーを混ぜる2剤式を採用することで、安定性に欠けるAPPSを新鮮な状態で利用できるというユニークな化粧品です。

APPSのほかにも、エイジングケアのための成分を含んでおり、日常の化粧品としてもおすすめ。APPS化粧品の割に、価格がお手頃な所も魅力です。

初めての方向けに、特別価格のお試しセットが提供されているため、はじめての方はまずそちらで合うかどうかを試すのが良いでしょう。

定期購入などではないので、試しやすいと思います。




TOP
Copyright (C) 2017 ハイドロキノンのシミ消しは冬が最適 All Rights Reserved. (サイト概要